スポンサードリンク

FX投資でやってはいけないこと

 

FX投資を行う上でのルールで重要な心構えがある。

直前の負けを取り戻すことを目的に取引してはいけない。

 

こんな心構えで取引すると気持ちが前のめりになってしまい高レバレッジで

取引をしまうことが多い。また、質が悪いのが必ず損といったことではなく

勝ちにつながる場合もある。しかしながら、長期的に見た場合に損する場合

の方が多くなる。

 

 

ディスガイアRPG

 

長らく待っていた、ディスガイアRPGがやっと配信された。

 

さっぱり配信されないものだから、『星のドラゴンクエスト』なんかをやってみたがとっくに飽きてしまった。ディスガイアの方が圧倒的でワクワクが止まらない。

 

みんな大好きラハールで9999憶ダメージを目指して頑張ろう。

 

しかし、日本一ソフトウェア(3851)買ったけど、初日だけ上がって暴落してしまった。

 

悲しい。

 

こんなことなら課金していればよかったよ。

投資のルール

 

FX投資を行う上でのルールの遵守とメンタルコントロールが重要

 

  • プロスペクト理論を意識する
    得る喜びよりも失うときの悲しみの方が強く感情を揺さぶる。
  • 計画的な資金管理が重要
    総投資の30%を運用する。一日に3%失ったら、その日のトレードは中止してメンタルを整える。
  • 大衆の心理を読む
    チャートの動きを読みエントリーポイントを決めるが、多くの場合、その仕掛けは刈り取られて損することが多い。刈り取る側の動きをみてエントリーする。つまり、刈り取られるタイミング(損切・ロスカット)のタイミングでエントリーする。
  • 一貫性をもって売買する
  • トレード日誌をつける
  • トレード日誌の収益を分析する

SQLServer ディスクの使用領域やテーブル毎のデータ使用量確認

対象データベースのディスクの使用量やテーブルの行数などを取得する。

--対象テーブルのデータサイズや未割り当て領域を取得
sp_spaceused
GO
--対象テーブルの行数を含めた使用量の情報を取得
sp_spaceused ’テーブル名'
GO

SQLServer データベースのファイル名を取得する

SQLServerのデータベースにはデータファイルとログファイルという2つのOSシステムファイルを保持している。データベースのファイル名を取得する。
ファイルの論理名は、SQLステートメントからファイル操作を行う場合に必要です。

use DBName

-- システムファイル
select 
	size		--ファイルサイズ
	,name		--ファイルの論理名
	,filename	--ファイルの絶対パス
	,status		--2(0x2):データファイル、66(0x40)ログファイル
from sys.sysfiles

SQLServer ロック状況を取得して強制切断する

信じられないことだけどSQLServerサーバを共有して開発をしていると
テーブルを排他ロックをかけたままにしてしまう人がいる(いた)。

相談をうけてロックする犯人の特定とロックの解除を行う作業に
使ったコマンドをまとめる。

手順は、「ロック対象を取得するクエリ」で対象を取得し「対象プロセスを中断するクエリ」を実行するだけです。
ロック長期保有しているエンジニアにお説教するのも忘れずに。対象クエリは強制切断する。

■テーブル取得クエリ

--ロック情報取得
SELECT * FROM sys.dm_tran_locks
--プロセス情報取得
SELECT * FROM sys.sysprocesses
--データベース情報取得
SELECT * FROM sys.databases
--テーブル情報取得
SELECT * FROM sys.tables

■ロック対象を取得するクエリ
状況を確認して実行ユーザを特定する。

-- 対象のデータベース
DECLARE @database AS VARCHAR(20) = 'AkairoDB'

-- ロックリソースを取得
SELECT l.resource_type
	 , l.resource_database_id --データベースID
	 , d.name 'DatabaseName' --データベース名
	 , t.name 'TableName' --テーブルID(あれば)
	 , l.request_mode --リクエストモード(共有ロック、更新ロック、排他ロック)
	 , l.request_type --lockか?
	 , l.request_status --ロックの状態。値は GRANT または WAIT 
	 , p.spid  -- SQLServer上のセッションID
	 , p.kpid --Windows上のスレッドID
	 , p.blocked -- ブロックしているセッションの ID
	 , p.hostname -- ホスト名
	 , p.status -- プロセス状態
	 , p.loginame -- ログインユーザ名
FROM sys.dm_tran_locks l
INNER JOIN sys.databases d
  ON d.database_id = l.resource_database_id
LEFT OUTER JOIN sys.tables t
  ON t.object_id = l.resource_associated_entity_id
INNER JOIN sys.sysprocesses p
  ON l.request_session_id = p.spid
WHERE d.name = @database
AND   p.spid <> @@SPID --自身を除外

■対象プロセスを中断するクエリ

DECLARE @spid AS smallint
--KILL { session ID | UOW } [ WITH STATUSONLY ]   
KILL @spid


<参照>

sys.sysprocesses (TRANSACT-SQL) | Microsoft Docs

KILL (Transact-SQL) | Microsoft Docs